温泉旅館に惹かれる理由とは?

この記事をシェアする

温泉旅館の楽しみ方!客室編

客室に入ったときに一番に見るのが、窓からの景色です。
季節ごとに自然が感じられ、庭園や中庭は旅館が日ごろから手入れをしているので肌で季節感を味わえます。
客室の窓から見る山の風景、鳥の鳴き声、水のせせらぎ、どれも心を癒してくれるでしょう。
歴史ある旅館になると、客室の調度品にもこだわりがみられます。
周囲に邪魔されずに過ごしたいなら、違った風情がある離れになっている旅館がおすすめです。
よくあるゲームセンターや遊戯施設をあえて作らない旅館があり、静かな佇まいや雰囲気を売りにしている旅館は時間の流れを忘れさせてくれること間違いなし。
大浴場は好みがありますが、お部屋に備えられたお風呂は露天風呂や檜風呂仕様になっているところもあってどちらも楽しめます。
宿泊しなくても入浴だけ利用できる旅館がたくさんあります。
温泉を選ぶなら、宿泊に関係なく温泉の数が楽しめる温泉街の旅館を探すと良いでしょう。

地元オリジナルの小物たちを楽しむ

旅館の雰囲気もいいけれど、もう一つの楽しみが洗面所やお風呂に置いてあるアメニティグッズです。
シャンプーやコンディショナー、石鹸などオリジナルのものがあります。
入浴時に試してみて、気に入ればお土産として購入できるのが嬉しいところ。
化粧水やリップ等を購入すると使うたびに旅を思い出しそうです。
到着してお部屋からの眺望を堪能したら一息。
お茶を飲みながらいただくのは、ゲストをお迎えするお茶菓子です。
地元の名産品の中で人気のものや旅館のおすすめが出されていたりするのでチェックしておいて、帰りに立ち寄ってみるといいでしょう。
食事の中にも名産品がたくさん出てきます。
佃煮やお漬物も要チェックです。
客室に備えられている案内に、どこで購入できるのか書かれていることがあるので一読してみましょう。
少し控えめに、それでもしっかり地元名産アピールをする小物たちに注目です。